HOME > 芝生管理

メンテナンス。美しく丈夫な芝生〜更新作業で芝生を若返りさせましょう〜

長年芝生を使用すると…

図)長年芝生を使用すると…

芝生が裸地化した場合、芝生の張替え作業には多くの費用と時間が必要です。
その前に、更新作業で不良要因を取り除き、元気な芝生を維持することが重要です。

更新作業の効果

図)更新作業の効果

更新作業の方法と時期

穴をあけ、空気と水を根に直接与える

■芝生に穴をあけたり、切れ込みを入れて、通気性・透水性の改善を図ります。
■年に1〜2回、春と秋に行います。

コアリング バーチドレーン

コアリング写真

中空の刃(タイン)を土壌に入れて、古い根(コア)を抜き取る方法。土壌をほぐし、通気性・透水性を高め、根の生育を促進させる。

詳細はこちら

コアリングよりも大きいタインを用いて、より深く・大きな穴をあける。

詳細はこちら

コアリングは、目土散布との複合で、最も効果の高い更新作業です。

バーチカルカッティング 目土散布

バーチカルカッティング写真

垂直刃の回転で、芝面表層を高密度に切断する方法。古い根の切断とサッチを除去することで、芝生の発根・分枝促進と質を向上させる。

詳細はこちら

目土散布写真

芝生の上に薄く均一に砂をまく方法で、芝生面の凹凸の修正にも有効。サッチの分解促進、土壌の改良、ほふく茎を保護し、芝生の発育を促進。

詳細はこちら

▲ページトップに戻る